外壁塗装の相場と実際の見積もりチェック

一戸建ての外壁塗装の相場は塗料だけの価格だけではありません。外壁塗装の見積り相場に関しては、材料と工事の内訳、外壁塗装の専門店・リフォーム店・営業会社と業者別で相場や見積り価格に違いが出ます。外壁塗装の見積り相場の比較とチェックはコチラ。

一戸建ての外壁塗装の相場は塗料だけの価格だけではありません。外壁塗装の見積り相場に関しては、材料と工事の内訳、外壁塗装の専門店・リフォーム店・営業会社と業者別で相場や見積り価格に違いが出ます。外壁塗装の見積り相場の比較とチェックはコチラ。

外壁塗装の相場や見積もりの安全なチェック方法

外壁塗装の赤本

一戸建て外壁塗装の時期ですが、築8年から12年までが外壁や屋根のメンテナンスのタイミングになります。見積り価格の相場は建坪30坪ほどで外壁塗装だけなら80万円以下が相場と考えるのが一般的です。材料や工事費用の相場だけでなく、その他の検討事項としては、
・外壁塗装業者のクチコミや近所の評判
・見積りに記載されている塗料の価格、グレード、品質、耐用年数、メーカー
・外壁塗装業者の業態(専門店、リフォーム店、営業会社、住宅会社等)
・外壁塗装の見積りが適正価格かどうか第三者によるレビュー
・外壁塗装と屋根塗装の同時施工でメリット、デメリット
など、多岐にわたります。

ある程度の専門知識があれば、業者との交渉も太刀打ちできるでしょうが、なかなか難しく、意思疎通のズレによって工事トラブルが多発しやすいのもリフォーム業界の特徴です。

>>> リフォーム工事のトラブルを防ぐには

不安要素がたくさんある中で、外壁リフォームに関しては、いかに上手く進めて満足度の高い結果を得るかがポイントになります。
まず、業者との接触ですが、インターネットによる資料請求や無料相談(無料見積り含む)、友人・知人の紹介、最寄りの工事会社への訪問など、いろいろなケースがあります。
どの方法が良いかが問題ではなく、あくまでも、適正価格で工事を請け負う業者を見つけることが大切です。

逆に言えば、安さを強調し過ぎていたり、割引や特定の工事を無料実施するキャンペーンなどを見かけたら、要注意でもあるんです。
実際、無料で実施される工事の裏では、どこかで費用負担を担保しなければならないので、場合によっては職人の数が減らされたり、やるべき事をやらなかったり(つまり手抜き)して採算を合わせる事もあるのです。
そんなリスクを背負ってまで、最安値の見積りを出す業者に仕事を任すか、ということを考えなければならないわけです。

>>> 複数の業者で見積りチェックはコチラ

大事な自宅、しかも住宅ローンが残っている中でのリフォーム工事なら、業者選びは慎重過ぎるぐらいが丁度よいです。
専門知識が無いからこそ、徹底的に納得するまで、打ち合わせもすべきです。
外壁塗装の相場や坪単価、工事の流れなど、お客が専門的な事を知らない状況を逆手にとって、むちゃくちゃ高い見積りを持ってくる工事店も数多いのが外壁塗装リフォーム業界の現状です。

自宅と外壁塗装のために用意したお金を守る意味でも、まずは、少しでも専門知識やトラブル予防の方法が書かれている、無料ガイドブックを読むことをオススメします。

>> 無料ガイドブック配布先はコチラ <<

外壁塗装の見積もりや相場情報は本当か

外壁塗装業者のほとんどは「安心価格」「親切料金」「丁寧施工」「低費用」「事例多数」などのアピールをしてきます。そんな中でも実際の見積りは業者によってバラバラです。
見積り比較ポイントは、工事の総費用を比較するのではなく、見積りに記載されている項目や内訳に書かれている内容と単価が整合性が取れているかどうかです。

例えば、外壁リフォーム工事で、建坪が30坪ほどの一戸建てという同じ条件下であっても、業者によっては塗る面積の算出や職人の必要数などから変わってきます。
なので工事内容の知識が乏しければ、書かれている事も恐らく理解出来ないでしょう。
冷静に外壁塗装の適正価格かどうかを判断することは、一般的には無理に近いのです。

従って、あえて、外壁塗装の業者を専門に仲介する会社に業者選びを任せることも最善の方法となります。実際に任せた場合、費用対効果や満足度が高い傾向が出ています。
もちろん複数の業者に相見積りする方法でも構わないのですが、後日、訪問してくる業者との折衝のために時間と労力の許される範囲でやることが望ましいでしょうね。
結構、複数の業者相手にするのは、しんどいですよ・・・。

そうは言っても外壁塗装の業者選びをサポートしてくれる仲介専門の会社を知らない、丸投げするのは不安だというのでした、無料配布されているガイドブックの申し込みだけでも、しておくと良いです。
後々、役に立ちます。
実際に請求してみましたが、電話での営業、鬼のような数のメール配信など、一切ありませんでしたので、オススメしています。

>>> 外壁塗装業者選びの無料ガイドブック

外壁塗装の見積りや相場情報よりも、実はリフォーム業界の体質だとか、騙されやすいポイントだとか、うさん臭い外壁塗装業者の見抜き方とか、そんな情報を多く持っておくことで自己防衛が可能になります。
というか、このガイドブック、いわゆるうさん臭いリフォーム業者を敵に回すつもりで編集された感じすらします。

外壁塗装の業者間の価格差を検証

見積書の内訳

外壁塗装業者と、ざっくりとした感じで言われたりしますが、リフォーム業界においては、この、ざっくり感がクセ者なんです。
ざっくりと区分けしますと、

・塗装工事の専門店
・総合リフォーム店
・建設会社(ゼネコン)
・工務店
・住宅会社
・営業専門の会社

など、実態を追及すると、外壁塗装の窓口や請負元(受注元)の組織形態は様々です。だから、当然のように材料費は同じでも工事代金や諸費用が断然変わってくるんですね。
迷うのも仕方のない事です。元請けは営業会社で、施工は下請けの下請け(孫請け)なんてザラです。
こうなると、伝えるべき情報も伝わらない事も多くなるので、トラブルが起こりやすくなるんですね。

見積り比較も悪くはないですが、せいぜい、2.3社に留めておくことを推奨します。
請負元で見積りの相場が当然違うんで、同じ建物の見積りでも2倍~3倍の開きが出ること、珍しくないですから驚かないで欲しいです。

材料費はグレードや性能によって多少の差はありますし、単価は塗料メーカーで下調べが出来ますから、何とか誤魔化しは見破れることもあります。
が、工事費や諸費用の部分は、完全に「業者基準」ですから、比較するなら、そこですね。
ただし、絶対に必要な工事、例えば、職人と自宅を守る「足場工事」とかを半額にしろなんて無茶ぶりは論外です。

塗装は、下塗り、中塗り、上塗りの3度塗りが基本中の基本ですけど、ここを、こっそり2度塗りのままにしてたりすることもあるらしいので、そういう部分の見落としは避けなければなりません。
だけども、3度塗りという事を知らなかったら、既読スルーしますよね、普通は。
たからこそ、ちょっとした知識を入れておくことが大事なんですね。

諸費用もナゾの多い項目で、大体は業者の儲けの部分ですが、広告費や下請け費用も含まれてたりします。
下請けに丸投げが前提の業者は、マージンを上乗せしますので、かなり高額になります。
また、独自開発の塗料を謳う業者は、塗料開発費用や塗料メーカーへのロイヤリティが計上されたりしますので、攻めるなら諸費用の部分でしょうか。

いわゆる中抜きの金額は削減したいですね。
となると、自社で受注から工事までを一貫して出来る業者を優先すると、より適正価格に近づいていきます。
こういう事は見積りの内訳には絶対に表示されないので、覚えておくとよいですね。

>>> 外壁塗装業者への見積りの手引き

外壁塗装の資料請求の中身

外壁塗装の赤本

ここまで、大体のリフォームに関する相場観は掴めたでしょうか。
このサイトでは、多くのテレビ取材も受けている、知る人ぞ知るリフォーム会社を紹介する会社が、すでに30万部超えも果たしている無料ガイドブックを紹介しています。
内容を読んでから、見積り依頼をしても良いですし、相場について相談しても良いですし、今すぐ工事店を紹介して欲しいなど、アクションをお客さん自身のタイミングで起こせるのでオススメなんです。
複数の比較となると、知らず知らずに追い込まれていくので、余裕が無くなってきますから、冷静に判断が出来なくなって契約書にハンコを押してしまうことは、避けなければなりません。

とにかく大評判のガイドブック。紹介者である私も確認済みです。ちょっとたけ中身を画像で見せておきますので、続きが気になるのでしたら、コチラから請求してみてください。

>>> 無料ガイドブックの続きはコチラ

無料ガイドブック請求の際は、個人情報をある程度提供することになりますが、営業のために情報を使われることは全くありませんので、リスクなく取り寄せることができます。
あくまでも相場は相場でしかありません。世間の相場とご自宅の相場は決して同じでは無いので、しっかりと適正工事価格を導き出すことに専念して欲しいと思います。


外壁塗装の相場と実際の見積もりチェック © 2017